宿泊のご利用はこちら

trans_2017-2018 日本人アーティスト海外派遣枠

2017年9月1日~12月29日 主催共催

秋吉台国際芸術村では、若手日本人アーティストを海外のレジデンス団体等に派遣し、滞在創作活動に取り組む機会を提供するレジデンスプログラムを行っています。今年度、2名のアーティストが支援アーティストとして選出されました。秋吉台国際芸術村の海外協定機関であるキョンギ・クリエーション・センター(韓国)と台北國際藝術村(台湾)にそれぞれ派遣され、文化、環境、そこに生活する人々とアイデアを交換し、創作活動を通じて新しい発想や視点を地域にもたらします。また、帰国後には、秋吉台国際芸術村にて成果発表を行う予定です。

派遣アーティスト<決定>

キョンギ・クリエーション・センター(韓国)| 湯川洋康 Hiroyasu YUKAWA

台北國際藝術村(台湾)| 上村洋一 Yoichi KAMIMURA

湯川 洋康 Hiroyasu YUKAWA

hiroyasuyukawa

ユニット”yukawa nakayasu”として活動。
1981年度生まれ、2012年結成。大阪を拠点に活動。
習慣・歴史・習俗をはじめとした過去から現在にわたる人間の営為とその痕跡と向き合い、そのメディウムやコンテクストを通じて多様な関係性を彫刻化する作品を制作。近年では、2017年に『Falls from the skies』(コペンハーゲン,Nikolaj Kunsthal)、2016年『豊饒史のための考察2016』(GalleryPARC, 京都)など。2015年、第18回岡本太郎現代芸術賞入選。
「港は船に選ばれて 船は港に寄せられる -便りは届く-」, Kapo gallery, 金沢,2014
「羽根を休めるハビトゥス」, 中之条ビエンナーレ2015, 群馬,2015
 第18回岡本太郎現代芸術賞 入選, 川崎市岡本太郎美術館, 神奈川,2015
「漂い、刻まれ、漂う偶然」, Galeria大正蔵, 淀江(鳥取藝住祭2015),2015
「流暢な習慣」, 江之子島文化芸術創造センター, 大阪,2016
「豊饒史のための考察2016」, GalleryPARC, 京都,2016
「利益の石」, 金沢アートグミギャラリー, 京都,2017
「Falls from the skies」, Nikolaj Kunsthal, コペンハーゲン,2017
 
yukawanakayasu.net


作品写真

yukawa nakayasu past work yukawa nakayasu past work yukawa nakayasu past work yukawa nakayasu past work yukawa nakayasu past work

 

 

 

派遣アーティストは、2017年9月1日(金)~10月25日(月)の55日間、キョンギ・クリエーション・センターにて滞在制作活動を行います。

キョンギ・クリエーション・センターの詳細(韓国語サイト):gcc.ggcf.kr

 

上村 洋一 Yoichi KAMIMURA

Kamimura

1982年千葉県生まれ。
風景や気象などの非人間的な事象や存在と、人間との関係性に関心を持ち、主にフィールドレコーディングによる音や作曲家の音や楽譜を素材にインスタレーションや平面作品、サウンドパフォーマンスを制作している。
主な活動に「Sound of Blausee」(ブラウゼー、スイス,2017)、「Artist In Residence Hamburg」(ハンブルク、ドイツ,2016)、「普遍的な風景」(青森公立大学 国際芸術センター青森,青森,2016)、 「0℃」(blanClass、神奈川,2016)、「grandmother, prologue」(Space Wunderkammer,東京,2015)、「CRITERIUM82」(水戸芸術館,茨城,2011)など。
 
www.yoichikamimura.com

 


 

 

派遣アーティストは、2017年10月15日(日)~12月29日(金)の76日間、台北國際藝術村にて滞在制作活動を行います。

台北國際藝術村の詳細(英文サイト):www.artistvillage.org