宿泊のご利用はこちら

レジデンス・フェロー
ヴィギンタス・オルロヴァス展
「もし私があなたの声を録音していたら、あなたは昨日と同じように話しますか?」

2018年7月14日(土)~8月16日(木) 主催共催

レジデンス・フェローアーティスト ヴィギンタス・オルロヴァスさん(リトアニア)の展覧会を開催します。ぜひお気軽にお越しください。

日時

展覧会:2018年7月14日(土)~8月16日(木)10:00~17:00

オープンスタジオ:2018年7月22日(日)13:00〜15:00

※オープンスタジオでは、アーティストが滞在中のリサーチや制作した作品について解説します。入場無料、出入り自由ですので、ぜひお気軽にお越しください。

会場

秋吉台国際芸術村 アーティストラウンジ

ヴィギンタス・オルロヴァス

最も直接的なコミュニケーションであっても、主体と主体の間には常に媒体(メディア)があります。つまり非言語的思考は色んなイメージや音、または言語に変換され、解釈され、非言語的思考へともう一度変換されます。最初の思考と、受け止められる思考は、決して同じではありません。

 このノイズはコミュニケーションを邪魔するある形式であると考えることができます。しかし私はこの変換過程こそが異なる媒体(メディア)間において新しいもの・興味深いものを生成し、媒体(メディア)そのものを明白にする要素であると考えます。創作を実現する上で、媒体(メディア)を中心的テーマとして取り扱うのはそのためです。