宿泊のご利用はこちら

Kaori Oda / 小田 香

Kaori

国籍:日本
ジャンル:映像、映画
参加プログラム:trans_2016-2017
Webサイト

2011年、ホリンズ大学(米国)教養学部映画コースを修了。卒業制作である中編作品『ノイズが言うには』が、なら国際映画祭で観客賞を受賞。東京国際LGBT映画祭など国内外の映画祭で上映される。
2013年、映画監督のタル・ベーラが陣頭指揮するfilm.factory(3年間の映画製作博士課程)に第1期生として招聘され、2016年に同プログラムを修了。2014年度ポーラ美術振興財団在外研究員。2015年に完成されたボスニアの炭鉱を主題とした第一長編作品『鉱』が山形国際ドキュメンタリー映画祭・アジア千波万波部門にて特別賞を受賞。その後、リスボン国際ドキュメンタリー映画祭やマル・デル・プラタ国際映画祭などで上映される。
映画・映像を制作するプロセスの中で、「我々の人間性とはどういうもので、それがどこに向かっているのか」を探究する。

AIAV滞在中、彼女は滞在中に行ったワークショップから派生した”2027″と”残像”の2つの作品を制作した。”2027″は5名のワークショップ参加者が、10年後の自分に見せたいものを8mmフィルムカメラを使用して撮影した映像からできている。彼女は参加者が10年後の自分に向けた手紙を読んだ声も録音し、それぞれの映像に加えた。
“残像”は芸術村の中庭および外壁に3つの映像を投影した作品である。これは、参加者が8mmカメラで撮影したもの(右)、参加者が撮影している姿を彼女が撮影したもの(左)、そして参加者のお一人が見せてくださった40数年前の8mmフィルムの映像(中)で構成されている。


Workshop Workshop Workshop Workshop Artist Talk Workshop With workshop participants Exhibition photo by Michihiro Ota Exhibition photo by Michihiro Ota Exhibition photo by Michihiro Ota Exhibition photo by Michihiro Ota Exhibition final day performance