Akiyoshidai International Art Village residence program trans_2006-2007
秋吉台国際芸術村レジデンス事業:trans_2006-2007

「trans」とは、越える、横切る、通過する、交差/交換する、変換/転換するなどの意味を持つ接頭語です。アーティスト・イン・レジデンス事業は、アーティストたちにとってその後の活動のための実験の場であり、新しい体験の場となります。作家たちは滞在する場所の文化、環境、そしてそこに生活する人々からアイディアを受け取り、創作活動を通じて新しい発想や支店を地域にもたらします。また、レジデンスが終われば、彼らはその土地独自の生活様式や地理的条件などに基づく彼らの体験を、その後訪れるであろう世界中のまちへと伝えます。私たちは、秋吉台国際芸術村レジデンス事業が、様々な思想や文化の枠を越え、人々が行き交い、ふれ合う場となることを期待します。

»PDFダウンロード(6.9MB) ※応募用紙も含まれています。
»MS-Word ファイル ダウンロード(36KB)
»MS-Word ファイル [応募用紙] ダウンロード(56KB)

trans_2006-2007:秋吉台国際芸術村レジデンス・サポート・プログラム応募要項

「trans_2006-2007」レジデンス・サポート・プログラムは、あらゆるジャンルの世界中の若い芸術家たちの新しい表現活動を支援するプログラムです。招聘アーティストは秋吉台国際芸術村レジデンス・アーティスト審査会による厳正な審査を経て決定されます。レジデント・アーティストは滞在中、芸術村キュレーターとの共同作業を通じて、作品やそのためのアイディアを生み出してゆきます。trans_はプロジェクト指向のレジデンス・プログラムとして、アーティストには積極的に様々なプロジェクトに取り組むことが望まれます。滞在中は例えば、ワークショップやレクチャー、地域交流や展覧会などのプログラムが提案されます。レジデント・アーティストはそれらの活動を選択し、また自分自身から提案し、活動を公開していきます。

レジデンス実施期間:

2007年1月10日(水)〜3月20日(火)[70日間]

募集の対象:

応募条件:

支援内容:

応募方法:

※ご応募いただいた資料は、芸術村にて保管いたしますので、返却のご希望には一切応じることはできません。ご了承ください。
※電子メール/FAX/お電話によるご応募は受付いたしませんのでご了承ください。

応募締切:

2006年9月30日(日)[必着]
※この期日を過ぎて到着した応募用紙は受付いたしません。
※応募用紙、資料に不備のある場合は応募を受付いたしません。

決定時期:

2006年11月中旬
○応募者の中から3名が選ばれ、結果は全応募者にお知らせいたします。

応募・問い合わせ先:

〒754-0511
山口県美祢郡秋芳町秋吉50 秋吉台国際芸術村内 レジデンス事業係
TEL:0837-63-0020 FAX:0837-63-0021
URL:http://www.aiav.jp
e-mail:trans2006@aiav.jp

運営組織:

主催=山口県文化振興財団 秋吉台国際芸術村
助成=アサヒビール芸術文化財団
後援=山口県、山口県教育委員会、秋芳町、秋芳町教育委員会、美東町、美東町教育委員会、美祢市、美祢市教育委員会
国民文化祭協賛事業

施設のご案内

レジデンス事業では、招聘者のスペースとして下記のスタジオ及び研修室を使用します。

研修室1 94平方メートル 床面にクッション材を入れダンス仕様としています。
研修室3 94平方メートル 天井高約7mの大きめのスペースです。
スタジオ1 49平方メートル 東面がガラス張りの開放的な空間です。
※使用するスタジオについては、応募用紙で希望を伺っておりますが、最終的な割り当ては審査を通じて決定されます。ご了承ください。

秋吉台国際芸術村 施設概要 (PDF:2.5MB)

※施設の内容はホームページ上でも紹介しています。
※滞在期間中の交通手段としては芸術村支給のレンタカー、自転車、或いはバス、電車となります。
※滞在中の食事は、芸術村内のレストラン、または、共同キッチンでの自炊になります。

←前のページに戻る