PROGRAMS主催事業

trans_2018-2019 日本人アーティスト海外派遣枠

trans_2018-2019

日本人アーティスト海外派遣枠

派遣先: 韓国、台湾、シンガポール

秋吉台国際芸術村では、若手日本人アーティストを海外のレジデンス団体等に派遣し、滞在創作活動に取り組む機会を提供するレジデンスプログラムを行っています。
今年度、3名のアーティストが支援アーティストとして選出されました。秋吉台国際芸術村の海外協定機関であるキョンギ・クリエーション・センター(韓国)、台北國際藝術村(台湾)、Grey Projects(シンガポール)にそれぞれ派遣され、文化、環境、そこに生活する人々とアイデアを交換し、創作活動を通じて新しい発想や視点を地域にもたらします。
また、帰国後には、山口県内にて成果発表を行う予定です。

木村 充伯(Mitsunori KIMURA)

派遣アーティストは、2018年8月13日(月)~10月17日(水)の65日間、キョンギ・クリエーション・センターにて滞在制作活動を行います。
キョンギ・クリエーション・センターの詳細(韓国語サイト)

望月 めぐみ(Megumi MOCHIZUKI)

派遣アーティストは、2018年10月8日(月)~12月28日(金)の82日間、台北國際藝術村にて滞在制作活動を行います。
台北國際藝術村の詳細(英文サイト)

山田 哲平(Teppei YAMADA)

派遣アーティストは、2019年1月16日(水)~2月27日(水)の43日間、Grey Projectsにて滞在制作活動を行います。
Grey Projectsの詳細(英文サイト)

参加アーティスト

望月 めぐみ (Megumi MOCHIZUKI)
[その他参加プログラム]
  • 2018-2019 日本人派遣

山田 哲平 (Teppei Yamada)

サポート・プログラム 滞在期間:2016年1月16日~3月10日

[交流プログラム] ワークショップ「秋吉台の音を探す」 会場:ホール・秋芳洞・秋吉台 日時:2016年2月13日(土)10:00〜15:00

[その他参加プログラム]
  • 2018-2019 日本人派遣