EVENTイベント情報

芸術村あーと・ルーム
秋吉台国際芸術村はウマイらしいワークショップ

秋吉台国際芸術村をじっくり味わう1日。

世界的に著名な建築家磯崎新氏が設計した秋吉台国際芸術村の建物を、一度じっくりと味わってみませんか?

建築の見方、愉しみ方、その魅力に気づくと、ふだん見慣れていた風景もまた違ったものとして見えてくるでしょう。
今回のワークショップでは、建築の専門家の分かりやすい解説を聞きながら芸術村を見学し、その後、名建築でお茶を愉しみます。
どうぞお気軽にご参加ください。

インフォメーション

日時2012年3月10日(土) 13:00~17:00
13:00 レクチャー (講師による建築の見方、芸術村の見所を紹介)
13:45 芸術村内を散歩&デジカメで気になったところを撮影
15:15 デジカメで撮影した中から8シーンを選び、オリジナルのランチョンマットを作成
16:00 オリジナルランチョンマットを使って食堂でティータイム
17:00 解散
会場秋吉台国際芸術村
料金300円(お菓子付)
対象小学生~一般 (小学生は保護者同伴)
  • 主催:一般財団法人山口県文化振興財団秋吉台国際芸術村
  • 後援:山口県、山口県教育委員会、美祢市、美祢市教育委員会

講師

斉藤 理(山口県立大学国際文化学部准教授)

活動レポート / Activity Report

あーと・ルーム

2012年03月11日 15:53

今日までにも、何度か山焼きは延期されていました。
秋吉台で今日も雨が降り、3月13日に山焼きがまた延期されました。しかしながら、芸術村では『あーと・ルーム』というイベントがありました!
山口県立大学の斉藤教授によるワークショップへの参加者の方々を歓迎しました。
斉藤教授は、磯崎新氏による芸術村の建築デザインに関する講義をされました

斉藤教授はイタリアやエジプトからの建築も参照として例に挙げ、説明くださいました。講義の後は、ランチョン・マット制作のために、建築の要素や場所を写真撮影して芸術村を回りました。
参加者の皆さんが興味深く、芸術村の建物を見て回り、斉藤教授の建築に関する説明に聞き入っていました。
ワークショップの最後は、参加者の皆さんは、自分たちで問った写真で構成されたオリジナル・デザインのランチョン・マットを受け取り、お菓子とコーヒーをいただきました。
皆さん、イベントを楽しまれたようでした。


※活動レポートは当時秋吉台国際芸術村が運用していたブログ記事より転載しています。