EVENTイベント情報

trans_2011-2012展覧会
STORY ON STORYアーティスト・イン・レジデンス

2012年1月12日から3月22日までの70日間、芸術村で滞在制作を行っている3名のアーティストによるグループ展。

trans_2011-2012レジデンス・サポート・プログラム
展覧会『STORY ON STORY』

秋吉台国際芸術村では、1998年の開館以来、国内外の若手アーティストを支援するアーティスト・イン・レジデンス事業を行っています。今年度は、59ヶ国397組の応募があり、そのなかから選ばれた3名のアーティストが、2012年1月12日から3月22日までの70日間、芸術村で滞在制作を行います。

展覧会『STORY ON STORY』では、アーティストたちが、3人のアーティストがそれぞれ独自の視点で探求した「ものがたり」を、新しい「ものがたり」に昇華させます。3月4日のアーティスト&ゲスト・トークでは、国際的に活躍するアーティストの米田知子さんをゲストにお招きして、レジデンス・アーティストたちが滞在中に遭遇したこと、制作秘話や作品コンセプトについて語ります。

会期2012年3月4日(日)~3月18日(日)
10:00-17:00 (初日のみ13:00開場)会期中無休
関連イベントアーティスト&ゲスト・トーク
3月4日(日)14:00 – 16:00
ゲスト:米田知子(アーティスト) 司会:田中均(山口大学人文学部)
交流会
3月4日(日)17:00 –
会場秋吉台国際芸術村
展示:本館棟ギャラリー他
アーティスト・トーク:本館棟1Fカフェ
交流会:本館棟1Fカフェ
料金展覧会&トーク:入場無料
交流会:1,000円/学生500円(軽食有り) FN会員1割引
  • 主催 : 一般財団法人山口県文化振興財団 秋吉台国際芸術村
  • 後援 : 山口県、山口県教育委員会、美祢市、美祢市教育委員会
  • 助成 : 平成23年度文化庁文化芸術の海外発信拠点形成事業

プロフィール

レヘマ・チャチャゲ Rehema Chachage

美術家 タンザニア出身・在住
1987年生
ケープタウン大学美術学部卒業。南アフリカで教育を受け、現在はダルエルサラームで活動するチャチャゲは、独立から50年を迎えたタンザニアの近代社会に関する作品を制作するミクスト・メディア・アーティスト。現在は、初めて来たアジアの国で、異なる生活習慣を中心にリサーチ中。

アンナ・ストランドAnna Strand

美術家 スウェーデン出身・在住
1979年生
ヨーテボリ大学写真学科修士課程修了。マルメを拠点に活動し、マルメ大学、ヨーテボリ大学で教鞭を取る。写真とテキストを組み合わせた作品を制作している。表現手段としての写真、また「写真とは何か」について作品を通して探求している。現在は、日本の伝統文化からヒントを得た写真作品を制作中。

津田道子 Michiko Tsuda

美術家 日本出身・在住
1980年生
東京藝術大学大学院映像研究科後期博士課程映像メディア学専攻在籍。ビデオカメラや鏡、「枠」など無機質な物で仕掛けを作り、その中にパフォーマーが同等現れるビデオ作品を制作している。芸術村では、「双子」に焦点を当てリサーチを進めている。スタジオに仕掛けを巡らせたインスタレーション制作に取り組む予定。