EVENTイベント情報

trans_2010-2011
レジデンス滞在制作展アーティスト・イン・レジデンス

RE:DISCOVERING AKIYOSHIDAI 秋吉台再発見!

秋吉台国際芸術村では、1998年の開館以来、国内外の若手アーティストを支援するアーティスト・イン・レジデンス事業を行っています。
今年度は、71ヶ国378組の応募があり、そのなかから選ばれた3名のアーティストが、異なる文化や生活環境のなかで制作に取り組んでいます。
「滞在制作展」では、三人のアーティストがそれぞれ独自の視点で探求した山口や秋吉台のリサーチをもとに制作したをアート作品を発表するほか、3月5日のアーティスト&ゲスト・トークではそれぞれの体験をお話し頂きます。

インフォメーション

展覧会
会期2011年3月5日(土)~3月16日(水)10:00~17:00
※初日のみ13:00~ (会期中無休)
会場秋吉台国際芸術村
料金入場無料
アーティスト&ゲストトーク
日時3月5日(土) 14:00~16:00
会場秋吉台国際芸術村1Fカフェ
料金参加無料
司会中野良寿(山口大学教育学部 准教授)
ゲスト岡部あおみ(武蔵野美術大学芸術文化学科 教授)
関連イベント:交流会
日時3月5日(土)17:00~
会場秋吉台国際芸術村1Fカフェ
料金1,000円(軽飲食付き)

アーティスト

ヴォイチェフ・ギレビツ Wojciech GILEWICZ

美術家 / ポーランド出身・在住 / 1974年生まれ
ポズナン芸術アカデミー、ワルシャワ芸術アカデミーで絵画の学士号を取得。これまで、西洋絵画のあらゆる技術を駆使し、主に「だまし絵」の作品を制作しているヴォイチェフさんは、今回の初来日で、西洋の手法とは大きく異なる日本画の構図や概念に興味を持ち、山口県内の美術館や日本画家を訪れてリサーチを行っています。

アドリアナ・サラザール Adriana SALAZAR

美術家 / コロンビア出身・在住 / 1980年生まれ
ホルヘ・タデオ・ロサノ大学美術学科卒業。ハベリアナ大学哲学科修士課程修了。人間の動作を機械仕掛けで再現する作品に取り組んでいるアドリアナさんは、日本独特の動作を探ることからリサーチをはじめました。日本文化の不可解さや技術面での試行錯誤を繰り返しながら新たな作品制作を試みています。

山田健二 Kenji YAMADA

美術家 / 新潟出身・東京在住 / 1983年生まれ
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。雪や地形、民族知をテーマにしたインスタレーションを国内外で展開している山田さんは、「居住空間としての洞窟は可能か?」という仮定のもと、秋吉台に無数に存在する洞窟を地元の研究者や愛好家たちと探索し、独自のリサーチに取り組んでいます。

  • 主催:財団法人山口県文化振興財団 秋吉台国際芸術村
  • 後援:山口県、山口県教育委員会、美祢市教育委員会、在日コロンビア共和国大使館、駐日ポーランド共和国大使館