PROGRAMS主催事業

レジデンス・サポート ”trans_2017-2018”

trans_2017-2018

滞在制作期間:2018.1.14 - 3.9[55日間]

transとは、越える、横切る、通過する、交差/交換する、変換/転換するなどの意味を持つ接頭語です。
レジデンス・サポート・プログラムは、アーティストたちにとってその後の活動のための実験の場であり、新しい体験の場となります。作家たちは滞在する場所の文化、環境、そしてそこに生活する人々からアイデアを受け取り、創作活動を通じて新しい発想や視点を地域にもたらします。
私たちは、秋吉台国際芸術村レジデンス事業が、様々な思想や文化の枠を超え、人々が行き交い、ふれ合う場となることを期待します。また、アーティストには意欲的に様々なプロジェクトに取り組むことが望まれ、創作活動とともに、その成果発表やアウトリーチなど地域交流プログラムを積極的に行っていただきます。

秋吉台国際芸術村のアーティスト・イン・レジデンス事業は、1998年の開村当時より170組を超える世界中の芸術家の滞在制作、研究活動、地域交流を支援してきました。
今年のサポート・プログラムでは、世界6カ国から6名の若手アーティストを招きます。アーティスト達は55日間にわたる滞在中、母国とは異なる山口県の環境、文化、地域に住む人々との出会いの中で、「この土地の未来」をテーマに制作を行います。

招聘スケジュール

制作テーマ「この土地の未来」 “The Future of This Land”
滞在制作期間2018年1月14日(日)~3月9日(金)[55日間]
関連イベント
オープンスタジオアーティストの制作スタジオを公開します。
2018年1月28日(日) 14:00~ (申込不要、参加無料)
オープニング・ レセプション2018年2月24日(土)
展覧会2018年2月25日(日) ~ 3月5日(月) 10:00~17:00 (入場無料)

アーティストの選出について

公募選出
74カ国から446組の応募があり、選考委員会による厳正な選考によって、3名のアーティストを選出。
推薦
下記海外協定機関より、それぞれ1名の推薦をうける。
キョンギ・クリエーション・センター(韓国)、台北國際藝術村(台湾)、フィンランドセンター(フィンランド)

平成29年度 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援事業
【主催】公益財団法人山口きらめき財団 秋吉台国際芸術村
【後援】山口県、山口県教育委員会、美祢市、美祢市教育委員会、ポーランド広報文化センター、エジプト大使館 文化・教育・科学局、駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院、台北駐福岡經濟文化辧事處、駐日フィンランド大使館
【協定機関】キョンギ・クリエーション・センター、台北國際藝術村、フィンランドセンター

参加アーティスト

エヴァ・ウェソロフスカ (Ewa Wesołowska)

サポート・プログラム 滞在期間:2018年1月14日~3月9日

ミナ・ナスル (Mina Nasr)

サポート・プログラム 滞在期間:2018年1月14日~3月9日

ヨシダケンジ (Qenji Yoshida)

サポート・プログラム 滞在期間:2018年1月14日~3月9日

イ・スジン (Lee Sujin)

サポート・プログラム 滞在期間:2018年1月14日~3月9日

スー・イーシン (Su Yu Hsin)

サポート・プログラム 滞在期間:2018年1月14日~3月9日

カトリ・ナウッカリネン (Katri Naukkarinen)

サポート・プログラム 滞在期間:2018年1月14日~3月9日

刊行物

レジデンス・サポート ”trans_2017-2018”

レジデンス・サポート ”trans_2017-2018”報告書

電子書籍版を見る


[期間]
2018.1.14~3.9[55日間]

記録映像

trans_2017-2018 Video Documentaion from AIAV on Vimeo.

レジデンス・サポート ”trans_2017-2018”の記録映像