PROGRAMS主催事業

レジデンス・サポート ”trans_2019-2020”

trans_2019-2020

滞在制作期間:2020.1.8 - 3.12[65日間]

制作テーマ
「この土地とともに生きる」 “Live Together with This Land”

transとは、越える、横切る、通過する、交差/交換する、変換/転換するなどの意味を持つ接頭語です。
レジデンス・サポート・プログラムは、アーティストたちにとってその後の活動のための実験の場であり、新しい体験の場です。作家たちは滞在する場所の文化、環境、そしてそこに生活する人々からアイデアを受け取り、創作活動を通じて新しい発想や視点を地域にもたらします。

秋吉台国際芸術村のアーティスト・イン・レジデンス事業は、1998年の開村当時より200組を超える世界中の芸術家の滞在制作、研究活動、地域交流を支援してきました。
今年のサポート・プログラムでは4名の若手アーティストを招きます。アーティスト達は65日間にわたる滞在中、普段とは異なる山口県の環境、文化、地域に住む人々との出会いの中で、「この土地とともに生きる」をテーマに制作を行います。
このレジデンス事業に参加するアーティストは意欲的に様々なプロジェクトに取り組むことが望まれ、創作活動とともに、その成果発表やアウトリーチなど地域交流プログラムを積極的に行っていただきます。

概要

制作テーマ「この土地とともに生きる」 “Live Together with This Land”
滞在制作期間2020年1月8日(水)~3月12日(木)[65日間]
告知チラシPDF
関連イベント
オープンスタジオ滞在中のアーティストの創作スタジオを公開します。
2020年1月26日(日) (申込不要、参加無料)
アーティスト・トークアーティストが自身の作品や創作プランを紹介します。
2020年2月8日(土)
オープニング・ レセプションギャラリートーク付きのレセプションを開催します。
2020年2月29日(土)
展覧会滞在中に制作された作品を展示します。
2020年3月1日(日)~3月8日(日) (入場無料)

アーティストの選出について

公募選出
74カ国から278件の応募があり、選考委員会による厳正な選考によって、2名のアーティストを選出。
【2019年度募集要項】
推薦
下記海外協定機関より、それぞれ1名の推薦をうける。
台北國際藝術村(台湾)、グレイ・プロジェクツ(シンガポール)

主催:公益財団法人山口きらめき財団 秋吉台国際芸術村
後援:山口県、山口県教育委員会、美祢市、美祢市教育委員会、山口県文化連盟、台北駐福岡経済文化弁事処、シンガポール共和国大使館、オランダ王国大使館
協定機関:台北國際藝術村、グレイ・プロジェクツ

参加アーティスト

ステフ・フェルトハイス (Stef Veldhuis)

サポート・プログラム 滞在期間:

上野 友幸 (Tomoyuki Ueno)

サポート・プログラム 滞在期間:

パン・イー・シュアン (Peng Yi-Hsuan)

サポート・プログラム 滞在期間:

ウン・ホイ・シェン (Ng Hui Hsien)

サポート・プログラム 滞在期間: