EVENTイベント情報

柴川敏之展|2000年後の化石絵巻鑑賞プログラム

柴川敏之展 | 2000年後の化石絵巻 "PLANET SCROLL SHIBAKAWA TOSHIYUKI"

美術作家・柴川敏之が2000年後の未来から発掘する、現代の私たちの生活の化石。本展では、秋吉台の化石や地層に着目し、雪舟の絵巻物をイメージした作品、2000年後に発掘された現代の身近な物の化石など新作を含む約100点の作品をご紹介。

秋吉台国際芸術村のある美祢市からは、アンモナイト等のたくさんの化石が発見されています。私たちの住む現代は、未来から見るとどうなっているのでしょうか?
2000年後をテーマに制作している美術作家・柴川敏之は、2000年後の未来から現代の私たちの生活を化石として発掘します。
山口で初となる今回の展覧会では、秋吉台の化石や地層に注目し、雪舟の絵巻物をイメージしたワークショップ作品と、柴川氏が制作した2000年後に発掘された現代の身近なもの(携帯電話やキューピー人形など)の化石を合わせて展示します。
本展およびワークショップにより、未来の視点から現代の生き方を見つめ直し、現代を考えるヒントにしていただければと思います。
ぜひ皆様お越しください。

インフォメーション

会期2012年7月2日(月) ~ 8月19日(日) 10:00 – 17:00
※会期中無休
会場秋吉台国際芸術村 2階ギャラリー
料金入場無料
チラシPDF

関連イベント

2000年後の化石を発掘しよう!柴川敏之ワークショップ
日程2012年7月1日(日) 13:30 – 16:00
会場秋吉台国際芸術村
参加費300円
その他詳細は こちら
  • 主催 公益財団法人山口きらめき財団 秋吉台国際芸術村
  • 後援 山口県、山口県教育委員会、美祢市、美祢市教育委員会
  • 協力 美祢市化石館、尾道帆布株式会社

活動レポート / Activity Report

柴川敏之展|2000年後の化石絵巻 あさってオープン

2012.6.30
あさって7月2日(月)から芸術村ギャラリーで、柴川敏之さんの展覧会がはじまります。
昨日夜、柴川さん到着。
現在、ちゃくちゃくと展示の準備が進められております。
柴川さんの展覧会は、山口県では初となります。
本展「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」では、新作を含む100点の作品が展示されます。
展覧会の全貌はまだ明かせませんが、くすっと笑わせてくれる作品、またその中にも現代社会が抱える一面を垣間見ることができる作品などなど。
小さなお子さんから大人まで楽しんでいただける展覧会となりそうです。乞うご期待ください!
また、あす7月1日(日)13:30-16:00
ワークショップ「2000年の化石を発掘しよう!」も開催されます。
7月はぜひ芸術村へお越しください。

「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」本日から開催!

2012.7.2
「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」が本日(7月2日)から開催されます。
いよいよ展覧会がスタートしました。
昨日ワークショップを開催したため、オープニングが月曜日となってしまいました。
平日でしたが、ホールで研修をされていた会社の方が、お昼休みに20名ほど展覧会へも足を運んでくださいました。
他にも、芸術村の開館当時からほぼ毎回、ギャラリーでの展示を見にきて下さる方が本日、お越しくださいました。ありがとうございました!
柴川さんの個展は、山口県(広島より西、九州含む)では初めてとなります。
新作を含む約100点におよぶ作品が展示されています。
長さ15メートルのギャラリーの壁一面に展示された作品からは、ダイナミックな動きを体感することができます
また、「えっこんなところに!」「あっあそこにも!」とよ~く見ると
いろんなところに作品が展示されています。
それを探しながら見ていただくのも楽しみ方の一つではないでしょうか。
会場は、2階ギャリーですが、1階カフェの階段をのぼったところが展示のはじまりとなっておりますので、1階からご入場ください。
小さなお子さんから大人の方まで楽しんでいただける展覧会となっておりますので、ぜひぜひ皆さま芸術村ギャラリーへお出かけください。

  • 「柴川敏之|2000年後の化石絵巻」
  • 会期:2012年7月2日(月)-7月29日(日) 10:00-17:00
  • 会期中無休 / 入場無料
「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」の楽しみ方

2012.7.8 10:21
現在、ギャラリーで開催されている「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」の楽しみ方を少しご紹介いたします。
キーワードは「キョロキョロ」です。
展覧会が開催されているギャラリーは建物の2階部分にありますが、展示をより一層楽しんでいただくために、1階のカフェ入口からご入場ください。
カフェスペースに入ると右奥に階段があります。
そこを「キョロキョロ」しながら登ってみてください。
何かがあります。
また、展覧会場のスペースでも、会場内の上や隅っこやいろいろなところを「キョロキョロ」しながら見てみましょう。「あっあんなところにも!」という発見があるかもしれません。
また、カフェ入口から出て、右手へ行くと、ホールがあります。
ホール入口に使用されている床のタイルの中には、本物の化石がまじったものも使用されています。
「キョロキョロ」しながら床のタイルをみてみると秋吉台国際芸術村のある美祢市から発掘された化石をみつけることができるかもしれません。
遠くからお越しのお客様には、磯崎新・建築の宿泊施設もあります。
宿泊の予約や空室状況については、下記までお問い合わせください。
近くには、秋芳洞もあります。
【施設管理課】tel: 0837-63-0020
この夏は、ぜひ秋吉台国際芸術村へ足をお運びください。

柴川敏之展|2000年後の化石絵巻の楽しみ方その2

2012.7.19
梅雨もあけ、夏がやってきましたね。
芸術村の磯崎新の建築は、青空をバックにするとより一層、建物のもつパワーが浮き出てくるように思えます。
現在、ギャラリーで開催中の「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」へお越しくださった皆さま、ありがとうございます。
まだ、見ていないという方、ぜひぜひお越しください。
展示が行われているギャラリーは、壁の色が真っ白です。
真っ白な壁面に独特な色、質感をもつ柴川作品が展示されています。
作品には、光があてられており、時間や見る角度により、さまざまな影があらわれます。
作品と一緒に影も観賞してみるという楽しみ方はいかがでしょうか。
影と一緒に見ていると、作品に表情がでてくるように感じられます。
夏休みは、ぜひ芸術村へお越しください。
宿泊施設もあります。
予約・空室については、下記までお問い合わせください。
【施設利用課】0837-63-0020

「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」会期延長!

2012.7.21
「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」の会期が延長されました!
8月19日(日)までです。
夏休みに入り、どこへ行こうかなと考えている皆さま、お盆で帰省されるお子さんやお孫さんがおられる方、ぜひ芸術村へお越しください。
今回の展覧会では、新作も展示されています。
10時から17時まです。入場無料です。
ぜひ夏休みは、芸術村ギャラリーへお越しください。
会場入り口にて、化石になった招き猫が皆さまのお越しをお待ちしております。

音楽を聞きながら・・・

2012.8.6
暑い日がつづきますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
夏休みに入り、ギャラリーにも遠方からのお客様が来てくださっています。
ありがとうございます。
まだ見に行っていないという方、「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」の開催は、8月19日(日)までですので、ぜひお越しください。
会場時間は、10:00~17:00 / 入場無料です。
芸術村では、毎年夏の期間、音楽のセミナーが開催されます。
8月にはいって、館内を歩いていると、いろいろな場所から音楽セミナー受講生の方が練習されている音が漏れ聞こえてきます。
フルートやチェロやヴァイオリンの音色。
音楽をききながら芸術村を散策するのも素敵です。
ぜひ皆さま芸術村へ、ギャラリーへ遊びに来てください!

お盆休みは秋吉台国際芸術村へ

2012.8.10
昨日、宇部市からディケアーセンターの皆さまが10名ほど芸術村のギャラリー展示を見に来てくださいました。
ありがとうございました!
夏休みに入り、岡山から自転車旅行の途中に立ち寄って下さった親子連れの方もおりました。
「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」は、さまざまな年齢層の方に楽しんでいただいているようです。
8月19日(日)まで開催しておりますので、ぜひ皆さま足をお運びください。

  • 「柴川敏之展|2000年後の化石絵巻」
  • 会場:芸術村ギャラリー
  • 会期:8月19日(日)まで
  • 時間:10:00~17:00 会期中無休 / 入場無料


※活動レポートは当時秋吉台国際芸術村が運用していたブログ記事より転載しています。